• ホーム
  • 低位株の運用で利益は発生する?

低位株の運用で利益は発生する?

購入候補の株を探していると、たまに100円以下の安い株を見つけることがります。 それは低位株というものです。 株価が低い原因は単に発行株式数が多いだけといった場合から、業績不振までさまざまです。 よく聞く大きな企業でも株価が非常に安いこともあります。 安いので気軽に購入することができますが、その反面株価が上がったとしても配当が出てもたいした利益は出ません。 そもそも、低位株はリスクが高い株です。 他の株に比べて上場廃止のリスクが高いです。 業績が悪いことが多く、また株価が低いと資金調達が難しくなるため耐えられなくなるのです。 仕手筋が入りやすいこともリスクです。 仕手筋とは大量の株の売買を行うことで価格操作をして儲ける手法です。 暴騰すれば便乗して儲けることも可能ですが、判断を誤ると暴落してしまったところで売らざるを得ない時もあります。 リスクが高い株を購入するときのポイントは分散投資をすること、上場廃止が決まったら価格を気にせず売り抜けてしまうこと、業績を確認してから銘柄を厳選することなどが挙げられます。 しかし、トレーダーの中にはこの低位株を使って利益を出している人たちもいます。 下値リスクや上場廃止のリスクなどとうまく付き合いながらリターンを求めています。 彼らにとっては、低位株はデメリットがある代わりにたくさんのメリットがあるものなのです。 例えば1円上がれば大きく儲けられます。 1000円の株を1枚買うのと10円の株を100枚買うのでは、出費は同じです。 しかし、1円上がった時の利益は全く異なります。 前者では1円しか儲かりませんが、後者では100円の利益となります。 もちろん、値上がりする頻度は後者のほうが少ないです。 1日中株価が動かないということもあります。他にも大化けする可能性が隠れている点も魅力です。 業績が改善すれば一般的な株価に戻るかもしれません。 ギャンブルのようなものですが、魅力は十分にあるでしょう。

低位株の利益の出し方について

低位株で利益を出すには普通のやり方ではいけません。コツがあります。 まずは優良な株を探すことから始めましょう。 業績が悪い会社になるとリスクが高くなるため銘柄を厳選します。 有利子負債が少なく、利益がマイナスになっていないところを探します。 たくさんの株を探す必要はありませんが、状況に応じて変えられるように数社はピックアップしておきましょう。 スクリーニング機能を使って探すといいでしょう。 見つけたら時期を見計らって大量に購入します。1単元だけでは手数料分の利益も出ません。 そのため、1度に大量に売買するようにするのです。もし1円でも上がったらすぐに売りに出します。 大量に買っているため1円の値上がりに対する利益が大きくなります。 そうすることで安い株でも大きな利益を出すことができるのです。 リターンは求めやすいですが、リスクも高いです。下値リスクは常にあります。 値上がりによる利益が大きい分値下がりのリスクもあります。 また、上場廃止や仕手筋といったのもリスクです。 そのようなリスクを抑えるために分散投資をして安全に取引を行ことがポイントとなります。 低位株を使った運用は普通の売買よりも難しいことがあります。 タイミングが大切ですし、売買が活発に行われているときを見計らわないと買った株を売ることもできなくなってしまいます。 1円が大きく影響しますので、デイトレードのように張り付いていることも必要です。 指値注文を使えばいいのですが、売買においては成行のほうが優先されるため売買が成立しにくいです。 難易度は高くなりますが、リターンは期待できるため低位株をメインに運用しているトレーダーもたくさんいますし、一つの売買の手段となっています。