• ホーム
  • 株初心者で初めから利益を追い求め過ぎるのは危険

株初心者で初めから利益を追い求め過ぎるのは危険

スーツを着る男性

株式投資の始め方を学んで実際に投資を初めてみると、意外に簡単に取引できる事に驚くかもしれません。
証券取引所が提供してくれる取引ツールは使いやすく、会社を指定して価格と数量を決めたらすぐに株式の発注ができます。
売買の価格が極端でなければ、ものの数分で購入から売却までできるでしょう。
しかし、ここでちょっとした利益をえられても、利益追求にのめり込む事は危険です。

利益を出す為に株式投資を行っているのに、なぜ利益追求が危険になるのかと疑問に思うかもしれません。
しかし、株式投資の最中には見落としが生じやすいものです。
株初心者ほど自分が何を見落としているのかを把握しにくいので、思わぬところで大きな損をしてしまうリスクがあります。

世の中では数多くの投資家が活躍しています。
初心者の内から多くの利益を得た方もいますが、同時に見落としに気が付かず大きな損をして投資の舞台を去る方も多いのが現実です。
投資活動で利益を出し続けていくには、利益を出す事だけでなく利益を失うリスクを避ける為の知恵や知識を身に付けなければいけません。
これが、株初心者がいきなり利益追求をするのが危険な理由です。

投資にまつわるリスクを避けることをリスクヘッジと言いますが、株初心者が身に付けるべきリスクヘッジの代表例として損切りがあります。
損切りができるかできないかで、株式投資に向いているか不向きであるかが決まるでしょう。
株式投資で多くの利益を得ている方は、損切りが上手いという共通点があるからです。

例えば、株初心者の内は株価が上がっているのなら上り続ける、上下しているのなら上下し続けるといったように単純な未来予想をしてしまいがちです。
どうして株価が上がっているのか、何故上下を繰り返すのかといった仕組みを理解しないまま投資を続けた先の結果は明らかでしょう。
どうして株価が急落したかわからないまま、高値で購入した株式を売れない状態になってしまいます。

ある会社の株式を取引するとして、売りたい方の行列が長く売却される株の数が多いと見たら、株価がこれから下がるかもしれないと不安になる株主もいます。
すると、最初は10000円で売ろうと思っていたけれども、損を承知で9000円で売る株主も現れます。
8000円や7000円と値下がりする前に売る方がましだからです。
株初心者が危険なのは、こうした投資家の心理が読めず株価の上下を運任せにする傾向があるからです。

このように、株初心者の内はリスクに無頓着という特徴があります。
リスクを無視した投資は、多くの場合は株価が下がって資産が目減りした程度にとどまるでしょう。
しかし、株式投資の中にはハイリスクながらハイリターンな投資方法も存在します。
こうした方法は初心者にとって特に危険な存在になるでしょう。

普通、株式投資は100万円の資金で100万円までの株式を購入するという形で、保有する資産に応じて取引量に限界があります。
この為、仮に100万円で株式を購入した会社が突然倒産してしまっても資産が0になる以上のリスクは無いものです。
しかし、信用取引の場合は資産が0になるどころかマイナスになる事もあります。

信用取引は現在保有する100万円を担保として300万円分の取引できるといった、保有資産以上の額の取引が可能です。
形としては、証券会社に資産を借りて投資をする事になります。
資産額以上の取引が可能になるので一見便利ですが、損をした場合は追加証拠金と呼ばれる返済をしなければいけません。

例えば、100万円を担保に300万円分の信用取引をしたとしましょう。
この場合、投資に成功すれば利益は3倍になります。
しかし、会社が突然倒産して株式の価値がゼロになった場合は100万円を失うだけに留まりません。
証券会社から借りている200万円を追加証拠金として支払わなければいけなくなります。

リスクヘッジが未熟な株初心者が信用取引を行うという事は、多額の追加証拠金を背負う事とほぼ同じです。
このように、株初心者が最初から利益追求をし過ぎるのは危険な行為になります。
まずは取引の基礎基本を覚えて、自分なりに利益を出しやすいパターンを掴むようにしましょう。

サイト内検索