• ホーム
  • IPO(新規公開株)は利益を出しやすい?

IPO(新規公開株)は利益を出しやすい?

通常の株式売買と比べてIPO株が利益を出しやすいといわれるのにはいくつかの理由があり、まず公募価格が実質的な価格よりもディスカウントされて設定されるというポイントがあります。
これは、新規公開の目的が資金調達ということもあり、多くの投資家に魅力を感じてもらえるような価格設定にしているということがあります。

加えて、これまで非公開であった株式が公開されることにより、これまで投資したくても購入できなかった株式が一般投資家にも購入することができるようになるということです。
上場時に少しでも安く購入するために買い手が集中しやすいという事情もあるために、初値が公募価格よりも高くなることがほとんどです。

特に人気企業が新規公開する際にはその傾向が強く、その時期の相場環境にもよります。
初値で公募価格の数倍の価格がつくことも多くあり、新規公開株を初値で売却するだけで利益を上げられる可能性が高いという事情もあるのです。
従って、株式売買の熟練投資家でない初心者でも公募株の抽選に当たりさえすると、あとは初値で売却するだけで利益を上げることができますので、相場観や難しい売買技術なども必要ないということになります。
ただし、必ずしもIPO株が儲かるというわけではなく、かつてバブル時代にはIPOによりあまりにも大きな利益が出るために贈収賄事件にまで利用されて一大スキャンダルとなることもありました。
その後のバブルの崩壊以降には、新規公開しても公募価格を下回る銘柄が続出したために新規公開を延期する企業がほとんどという状態の時期もありました。

近年はアベノミクス以降株式相場は安定していますので、新規公開株も順調で人気となっていますが、公開企業の業種や将来性、公開株数などにより初値は大きく変わってきます。
人気企業や人気のテーマのビジネスを展開している企業のIPOとなると、公開前から人気が高く抽選倍率も非常に高くなるため、当選すること自体が難しいという問題もあります。
当選さえすれば初値で売って利益を上がられる可能性は非常に高いといえるでしょう。

IPO株の申し込みと取り扱い証券会社

初心者でも利益を上げられる投資方法として人気のIPOですが、IPO株を手に入れるにはどのような方法があるのでしょうか。
知り合いが起業している場合には、公開前でもその企業の株式を譲ってもらえる可能性もありますが、一般的には公開前や上場前の企業の株式を購入するためには、取扱い証券会社に公募株抽選の申込を行う必要があります。
IPO株の申込みは1人で複数申込むことが可能ですから、本気で当選を目指すのであれば当選しやすい証券会社複数に口座開設しておくことで有利になります。

IPO抽選に申込ができるのは主幹事証券や幹事証券に加えて、販売を委託される委託幹事と呼ばれる証券会社となります。
主幹事や幹事証券は大手証券となり、委託幹事には大手証券グループのネット証券が販売したケースが多くなります。
この中でもとりわけ主幹事証券になると、割り当て新規公開株数の80~90%程度が割り当てられることも多く、応募する投資家からすると当選確率の高い証券会社となります。

IPO株を真剣に狙うのであればまずは主幹事証券に申込むか、主幹事証券の大手証券グループなどが狙い目となるでしょう。
主幹事証券になるのは実績や過去の経験などが重要なポイントとなりますが、ネット証券大手の中にもインターネット関連のIPOに強い証券会社などがあります。
主幹事証券や幹事証券、あるいは委託幹事となって取扱いすることができるIPO銘柄の多い証券会社が有利となります。

つまり、IPO株の抽選に当たりやすい証券会社とは、主幹事や幹事証券を務める件数が多く、かつ、取扱いIPO銘柄の多い証券会社ということになります。
さらに言えば、人気のテーマや人気企業のIPOをより多く扱っている証券会社が有利ということになります。